LINE友達登録

サービスを強くする文化とは
~社員座談会~

CROSS TALK

本当にお客さまのためになるサービスをお届けするために、
日々切磋琢磨するラクスの社員たち。
サービスを強くする企業文化とは、
どのようなものなのでしょうか。
4人の社員に語ってもらいました。

MEMBER

加納 悠史

Yuji Kano

メールディーラー
2016年入社
生物理工学研究科修了

大学院でプログラミングに触れた経験からIT企業を目指し、先輩社員が楽しそうに働いている姿に魅了されてラクスに入社。現在はメールディーラーの機能開発や運用保守を担当する。

北岡 見生代

Mikiyo Kitaoka

配配メール
2016年入社
理工学部卒業

大学で学んだ情報工学の知識を生かせるIT企業を中心に就職活動を行い、自社サービス開発という仕事内容と風通しの良い社風に惚れて入社を決意。現在は配配メールの機能開発に従事する。

藤岡 大樹

Daiki Fujioka

楽楽販売
2018年入社
自然科学研究科修了

上流から下流工程まで関わり経験を積めることから、自社サービス開発をするIT企業への入社を目指す。会社も個人も成長スピードが速く、上昇志向の強い社風に惹かれて入社。楽楽販売の開発を担当する。

庄禮 侑佑

Yusuke Shorei

楽楽労務
2018年入社
システム工学部卒業

「IT企業で中小企業を強くする」という理念の明確さに共感し、目的意識を持って仕事に取り組み成長できる姿を具体的にイメージできたことからラクスに入社。現在は楽楽労務の開発に従事する。

Theme 01

フランクかつロジカルな社風で
誰もが意見を発信

加納

ラクスには楽しそうに働いている社員が多いと感じています。就活時に参加した育成リクルーティング選考や合同説明会もフランクであたたかい印象があり、のびのびと働けそうだと感じて入社を決めました。あとはロジカルな人が多く、仕事では筋の通った説明を求められますね。エンジニアとしては非常にやりやすく、建設的なディスカッションができています。

藤岡

私も同じ印象で、ロジカルかつ真面目な人が多いですね。一方で素の部分は面白く、個性的な人が多いです。ラクスではフットサルやカメラ、ボードゲームなど、同じ趣味の社員が集うサークル活動を行っており、そこで他部署の人を含めて交流を深めています。仕事以外のシーンでもコミュニケーションを積極的に取りあうことで、一人ひとりの性格が分かり仕事をスムーズに進められていると感じます。

庄禮

皆さん、しっかりと自分の意見を持って発言されていますよね。開発や業務フローに関する不明点や改善案を、年次や立場問わず活発にやりとりし、納得のいく結論を出せる環境です。若手の発言数が少ない場合は、上司や先輩が気にかけてくださり話しかけてくれるため、誰もが自分の意見を発信しやすく、ありがたい職場だと思います。

北岡

そうそう、改善案を若手の立場からも提案しやすい風土ですね。入社1年目のときに、同期の加納さんとともに脆弱性対策プロジェクトに配属され、改善施策を提案する機会を与えてもらったことがありました。新入社員にも責任あるプロジェクトを任せてもらえる環境に驚き、ここでなら必ず成長できると確信できました。議論した改善策はその日に実行するなど、より良くするために行動する習慣が根づいている会社だと感じています。

Theme 02

ディスカッションを通じて改善を重ね、
組織を拡大

藤岡

ラクスにはスペシャリストというポジションの人たちがいて、PHPやデータベースなど各分野のプロが周知されています。ある分野で困ったことがあれば、スペシャリストに気軽に相談できるので、効率的に解決策を導き出すことができています。

北岡

その他にも、部署横断型のチャットルームがあり、そこで毎日のようにナレッジが共有されています。

加納

「解決策を教えてください!」とチャットで質問すると、東京本社や大阪本店など各地から解決策のコメントをもらえて、とても心強いですよね。

庄禮

ちょっとした不満を何気なく共有することから、業務フローの改善につながることもよくありますね。カジュアルな社風だからこそ、普通だとスルーしてしまいがちなことも相談でき、きめ細やかな改善や効率化を実現できているんだと思います。

北岡

より良い組織にするために、みんなが議論できている環境だと私も思います。だからこそ、ここでいち意見を述べるとするなら、個人的には出産や育児などのライフイベントのある女性エンジニアがもっと働きやすい会社にするために声をあげていきたいなと思います。もちろん産休や育休制度は整っているのですが、実績やロールモデルは少ない状況ですので、どんどん制度を活用していきたいですね。

藤岡

今後も組織は拡大していくので、多様な働き方に柔軟に対応できるよう業務体系をさらに整備していくことが理想ですね。

加納

直近では時短勤務の社員のための人事評価「ラクスマイル制度」ができ、どのような働き方でも目標に向かって努力できる環境がつくられてきていますね。会社全体で「日本を代表する企業になる」という目標を持っているため、組織はますます拡大していくことでしょう。組織拡大に伴い新たな問題が発生することも考えられますが、そのような課題もどんどん議論することで、改善していけるといいですね。

庄禮

その通りですね。私としては、増員されるなかで仕事のクオリティを維持しつつ、さらに向上していくためには、作業の定型化や知見の共有が重要になってくると感じています。ドキュメント化やフローの整備を行い、業務の属人化を防ぐことで、加速度的な成長を目指せると信じています。

Theme 03

前向きにチャレンジできる環境で
技術を磨き、
社会に貢献する

北岡

ラクスのエンジニアは自社サービス開発をするので、上流から下流工程まで視野を広く持って携わることができます。また、お客さまのフィードバックをいただきながら、長くサービス開発に関われるため、社会に貢献できていることを強く実感しています。尊敬しあい、信頼しあえる仲間とともに幅広い経験を積めるラクスは、スキルを磨いてより良いものづくりができる最適な環境だと思いますよ。

庄禮

自分の意思を持ち、何にでもチャレンジしたいというやる気のある人にはどんどんチャンスを与えてもらえる環境です。そういう方と一緒に働くと、こちらも刺激を受けて楽しいですね。就職活動ではどんな自分になりたいのか、どんな仕事がしたいのか、具体的にイメージしてみてください。お客さまにストレスを与えないシステムを開発して、世の中の業務効率化に貢献してみたいという方は、ぜひ私たちとともに働きましょう!

藤岡

積極的でポジティブに物事を考えられる人は、飛躍的に成長できる会社だと思います。ラクスにはそういった気質の社員が多く、興味のあることを発信することで、新しいプロジェクトに参加するチャンスをもらえることがよくあります。挑戦するときには怖気づかず、「やってみよう!」と前向きに飛び込んでみてください。きっと、仕事のやりがいや大きな達成感を味わえるはずですよ。

加納

仕事は人生の大半を占めるものなので、どうせなら楽しく前向きに取り組んだ方が幸せですよね。ラクスではエンジニアが外部の勉強会やイベントで発表したり、学んだりすることを推奨しています。なので、技術をインプット・アウトプットして自己研鑽できる方なら、楽しさとともに成長できると思います。技術的な話題で盛り上がりながら、お客さまに喜んでいただけるサービスを一緒に開発しませんか?