ラクス新卒採用

まずは「自分のやり方」を確立していきたい。

Asako Uchiyama
カスタマーサポート
2015年中途入社

入社動機を教えてください。

ラクスに入社する前は、ナビゲーションサービスのSE、地域情報誌の営業を経験してきました。そのためサポート職は未経験だったのですが、これまでに得た「IT知識」と「顧客折衝能力」の両方が活かせると感じ、入社を希望しました。

また、当初、営業職で面接を受けていたのですが、面接でお話させていただいた内容から「サポート職の方が、やりたいことに近いのでは?」とご提案いただいたことも入社の決め手です。しっかりと人を見てくれる会社だと感じました。

現在の仕事内容を教えてください。

ファイナンス・クラウド事業部で経費精算システム「楽楽精算」のお客様サポートを行っています。サポートと言っても仕事は多岐に渡り、ご利用中のお客様への対応はもちろん、これから利用を開始するお客様への導入支援(コンサルタント的な業務)も行っています。そのため、製品に関する知識だけでなく、経理知識や、お客様のスケジュールをコントロールしていく力も必要になります。

また、課の中で「設定代行サービス」チームに属しており、お客様の代わりに設定作業を行う業務も並行して担当しています。基本的にはお客様が自力で設定を行って運用していただく「楽楽精算」ですが、ご多忙なお客様や設定内容が複雑なお客様には、重宝していただいています。

お客様先に訪問し、運用イメージをお伺いした上で「楽楽精算」の設定に組み込んでいくため、ヒアリング力や納期の調整、時には代替案のご提案も必要です。大変な業務ですが、日々成長を感じながら取り組んでいます。

9:00
朝礼・タスクの確認
10:00
お客様対応(電話、メール)
11:00
社内ミーティング
12:00
お昼休憩
13:00
設定代行作業
15:00
お客様対応(電話、メール)
16:00
お客様と電話ミーティング
17:00
残務処理
18:00
終礼
19:00
退勤後、社内の仲間と飲み会

仕事のやりがいは?

「楽楽精算」は、サポートが各お客様の専属担当となって運用開始までの導入支援をしているのですが、やはり自分が担当したお客様が、当初のスケジュール通り運用を開始してくださることが一番嬉しいです

あとは、導入支援が完了して専属担当を離れる際に、お客様から「寂しくなります」と仰っていただいたときは“良いサポートができた”と嬉しく感じました。

仕事で大変だったことは?

導入支援をする中で、スケジュール通りにご設定や社内展開の準備が進まないときに大変さを感じます。実際に設定や準備を進めるのは私達ではなくお客様なので、目的意識を持って積極的に取り組んでいただくためにはどうすればいいかを日々考えながら取り組んでいます

仕事のこだわりや大切にしていることは?

「なぜ」を念頭に置くよう心がけています。例えば「楽楽精算」のサポート時にお客様から「○○はできますか」と言われた場合、「なぜ○○したいか」と、ご質問の背景を理解することでよりお客様の立場に立った回答ができます。もしかすると「○○」とは別の実現方法の方がお客様のためになるかもしれないと考慮することもできます。

更に、場合によってはそのご質問の背景が製品自体の機能改善の鍵となることもあるので、お客様が「なぜ」そのご質問をされたのかはできるだけ深掘りするようにしています。

今後のビジョンを教えてください。

前述の「設定代行サービス」は、ご利用料金とは別に設定代行料をいただいて実施しているサービスです。サポートと言うと、いわゆる”コストセンター(間接部門)”というイメージがついて回りますが、サポートが本サービスを展開することで利益として会社に貢献できるため、プロフィットセンターにもなり得ると考えています。チーム一丸となって本サービスを提供し、サポートとして新しい価値を生み出していければと思います。

私のマストアイテム!これだけはかかせない!三種の神器♪

  • サックス

    バンドを組んでいます。休みの日は、スタジオで練習したりして、ストレスを発散しています。

  • ラジオ

    生粋のラジオっ子です。最近はスマートフォンのアプリで聴けるようになったので便利ですね。

  • 新宿御苑

    会社から歩いて10〜15分の距離にあって、昼休憩に散歩に行くこともしばしばなので、年間パスポートを購入。春はお花見にもぴったりですよ!