ラクス新卒採用

「実はフルスタックエンジニアなんです」を目指しています。

Mikiyo Kitaoka
開発エンジニア
2016年新卒入社

入社動機を教えてください。

自身の就職活動の軸がラクスの社風にマッチしていることを感じ入社したいと思いました。私は「中規模の会社/自社製品の開発/エンジニアとして成長できる環境がある」を軸に就職活動を行っていました。

「エンジニアとして生きる力をつけたい」と考えるなか、大きすぎる会社だとやることが限られ、自身のエンジニアとしてのスキルが高めることができないのではないかという考えと、「じっくり腰をすえて物事に取り組む」タイプのため、自社開発でしっかりモノを理解し、ノウハウを蓄えてエンジニア力を高めたいという思いから上記の軸で就職活動を行っておりました。

活動の中でラクスと出会い、面接官の方や先輩社員の方々とのやり取りの中で「新しいことにチャレンジできる・意見に対して真摯に向き合ってくれる・エンジニア力を向上できる」ことを感じ、入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えてください。

私が所属する開発部ファイナンス・クラウド開発1課は「楽楽精算」の開発・運用・保守を行う部署で、新機能の開発や既存機能の改善、お客様や他部署からの問い合わせに対する回答や調査を日々行っています。私が主に担当するのは運用・保守業務です。

サポートチームでは対応がむずかしい技術的な質問や現象に対して回答を行ったり、調査を行います。その結果を上司やサポートチームに報告するまでが一連の仕事です。調査では、アクセスログを解析したり、SQLを使ってデータベースの情報を取得したりしています。

9:00
朝会、メール・タスク確認
10:00
調査(ログ確認・SQLデータ取得)
11:00
ミーティング
12:00
お昼休憩
14:00
社内システムの改修
16:00
業務改善活動
17:00
夕会・議事録作成・明日のタスクチェック
18:00
日報作成
19:00
退社

仕事のやりがいは?

技術的な知識やノウハウを得ることができ、お客様や他部署の方に貢献できているのを実感できるところにやりがいと魅力に感じます。

サポートの方からの依頼で「お客様が製品を使っていて、”こういう困ったことが起きた”と問い合わせがきたので調査してほしい」という内容のものがあります。お客様のその現象が起きたときの情報から原因の仮説を複数たて、調査を進めていきます。が、なかなかその現象を再現できなかったり、究明が難しいことがあります。それが究明でき、お客様やサポートの方にお伝えし、納得していただいたときに達成感を感じます。

仕事で大変だったことは?

「適切な情報を適切な表現で伝える」ことが難しいです。文章の場合は特に難しいです。運用保守業務では他部署の方に文章でやりとりする機会が多いです。ですので、技術的な言葉をなるべく使わず、けれど必要な情報を端的に理解しやすい言葉で文章に起こさないと認識違いを生んでしまい、お客様や他部署の方にご納得いただけなくなります。

初めの頃は依頼の回答文章を毎度先輩社員に添削していただいて、毎度がっつり修正をしていただきました。「いかに誤解を生まずに適切な表現で必要な情報を伝えるか」はいまでも自身の課題です。

仕事のこだわりや大切にしていることは?

今後も必要になりそうな知識やノウハウを学べるようなタスクに対してはなるべく自分が納得のいくまでとことん考えるように努めています。タスク自身はすぐに対応でき、早く終えられたとしても、本質を理解していないばかりに類似のタスクがきたときにまた一から調べる、ということになるのは長期的にみると時間的なコストがかかってしまいますし、成長スピードが遅くなると考えています。もちろん、タスクによっては納期が短いものもあるので、いつもそのようにできるわけではないですが、その場合は後でやるタスクとしてメモをとっています。

今後のビジョンを教えてください。

「実はフルスタックエンジニアなんです」を目指しています。開発から運用までの幅広い知識と経験・ノウハウをもつことで、エンジニアに限らずシステムにかかわる人々に相談を持ちかけられやすいエンジニアになりたいと思っています。

運用保守業務でシステムを俯瞰的にみる立場でシステムにどんな人がどのようにかかわっているのか、またシステムをどのようにお客様が使ってくださるのかを学び、ゆくゆくは開発業務に携わってシステムがどんな技術や処理で実現しているのかを把握することで、システムの外観から細部まで理解できるようになりたいと考えています。

私のマストアイテム!これだけはかかせない!三種の神器♪

  • ノート/裏紙

    メモするときはアナログ派です。書いたときの状況が思い出しやすいため。

  • 眼鏡

    ないと生活できないぐらい目が悪いため。

  • リラックスアイテム

    一日の疲れを癒して次の日頑張れるため。